2017.5.21の昼 メンタル崩壊とミッション 

「パスポートを失くしたんですけど、もしかして忘れ物がハフェマウルの案内所に届いてませんか?」ええっ、パスポート失くしたんですか?!

昨日自宅で夕食時に思いがけない国際電話をいただきました。話を聞いてみると、思い当たるところが。そう、音声案内機の貸し出しの時にお預かりしたパスポートを、案内機と引き換えにお渡ししなければいけないのに、何をどうしたことか、うっかり返却を忘れていたのです。パスポートをお預かりしたことと案内機を返却されたことはしっかり記憶しているのに、パスポートをお返しした記憶は全くありませんでした。

ソウルのホテルにいらっしゃるとのことで、案内所にあるのならばもう一度安東に来られるとのこと。すっかり気が動転した中で最初の通話を終えました。

韓国語に「メンボン」という言葉があります。メンタル崩壊(ボンゲー)の略です。そうでなくとも頼りないメンタルの壁にピシピシと亀裂が走り、はらはらと崩れ落ちていくイメージが脳裏に浮かびました。

 

 

…嗚呼、何故このような失敗をしてしまったのですか。

…嗚呼、何故こんな風に人に迷惑をかけてしまうのですか。

 

 

頭の中に幾多の「?」と「!!」と「………」が飛び交い、しばらくは思考停止状態が続きました。もう、こうなってしまったことは仕方ない、今どうあがいても状況は変わらない、こんなに申し訳なく恥ずかしいことだけれど、もう起こってしまったことは変えることはできない、などなど、なんとか健全な思考を保とうとする努力の中で、やっと探した一つの答え。

 

娘をソウルに送ればいい-。

 

中3の娘は学校以外でソウルに行ったことがありません。この際、娘の見聞を広げるよい機会とするのも中々悪くない考えだ-。

 

「オンマのミッションを頼まれてくれる?」

 

この方はお二人連れで韓国を訪れられたのですが、お連れ様のお姉さんは先に機上の人になられたのです。便をキャンセルし、新たに片道でチケットを取らねばなりません。時間や労力や様々と付随することを考えると、身の置き所のないほど申し訳ないのです。

それでも、そのお姉さんは自分もうっかりしていたとおっしゃり、私の非を責めるようなことを一言も仰いませんでした。「神様、このような渦中でも穏やかな状況であることに感謝します」。

 

案内所のセキュリティーを解く時間に合わせて出勤し、すぐにパスポートを娘に託し、二人で市外バスターミナルに向かいました。今まさに出発しかけたバスに向かって操り人形のように大げさに手足を振ってバスを止め、娘を乗せ、お姉さんに電話しました。「12時10分頃に東ソウルターミナルに到着しますのでお越しください」。

 

無事にお姉さんにパスポートを渡すことのできた娘のミッション成功に限りなく感謝しつつ、案内所で眠気と闘うこの瞬間、祈るのは、本来のスケジュールよりももっと素晴らしい時間をお姉さんが過ごされますように-。

 

娘は今、東大門にいるとのことです。やはりファッションに関心があるものです。それにしても今回のこの事件、私が返却を忘却したことだけが問題で、それ以外には何の障壁もなく全てがスムーズに解決に向かったのでした。お姉さんが昨晩のうちに紛失に気付かれたこと。そしてお姉さんが私に電話をくださったこと。もし私が名刺をお渡ししていなければ大使館経由の大事になっていたかもしれません。また、日曜日なので娘の時間に支障がなかったこと。もし平日なら娘の学校を休ませるか、または高速バスのお預かり便でお送りするという手もあったのですが、貴重品を100%確実に伝達するという点では一抹の不安があるわけですから、その手はできるならば使いたくありませんでした。

このような事件が起こった背景について、お姉さんから最初の電話をもらった時点ですぐにその原因に気づきました。こんな事件はなんの背景もなく起こらないものです。それで、今はひどく苦しいけれど、これを克服して自らの非を改められればそれが有難い恩恵となるということを知っています。今日の私はまだ重苦しさの中に身を置いていますが、これを機に学ぶべきことをしっかり学び、知恵深く思慮深く生きる私になるべく努力しようと思います。お姉さん、ありがとうございました~。

2017.5.21の昼 メンタル崩壊とミッション 」への2件のフィードバック

  1. そうです、おらぼに。どんなことでも結果的に善かったとすることが大切だと思って。なので、この文章を書きました。恥ずかしさをさらすこと、隠さず人に問うこと、そうして自分を直視して戒めること。まあ、楽な作業ではないですけど、こういうことがあってこそ成長できますからね。

    いいね

  2. そんな仕事をしてると
    ありそうなことですね。

    ひとに対しての仕事は
    迷惑をかけたりかけられたり

    でも
    それもこれも
    笑顔でおわることできたら
    どんなに素晴らしいか。

    どんなことでも
    笑顔でしめくくることができるように
    なってるんじゃないかと思います。
    とっても難しいけど
    それが
    とっても大事だと
    最近 特に思います。

    おつかれさまでした。

    それと娘さんにとって
    ちょっと大切な思い出になったとおもいます。

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中