河回仮面をひとつひとつご説明します

s1_pic04

<プネ>

プネは面長で半円の眉、通った鼻筋、整った口元に典型的な伝統美人の条件を備えおり、未婚で芸者の身分です。芸者は当時の身分階級では最下級に属します。粉を塗った女性というのが名前の由来です。両頬は艶っぽく、赤く丸い化粧はコンジ(額部分)、ヨンジ(頬部分)を指しています。これは本来婚礼式でする化粧ですが、職業上、女性性をアピールするため指しているものだということです。手で口元を軽く覆い微笑む女性の蠱惑(こわく)的な目つきや肉感的な姿は多くの男性の視線を集めました。破戒僧マダンで上流階級の僧、両班、学者の偽善を暴いていくストーリーを展開していく役割で登場します。

 

 

s1_pic02

<カクシ(閣氏)>

閣氏仮面は村神を表す面で、静かで落ち着いた表情をしています。髪や眉は黒く、顔全体に白い化粧が施されています。額にコンジ、両頬にヨンジを指し、口紅も塗っています。これは婚礼を前にした新婦の姿を表しています。両目は細く穴が開いていますが口を堅くつむっています。鼻はそう高くなく、開いていません。これは当時の女性が息の詰まる立場であったことを現しています。虚氏青年との叶わぬ恋のためか寂しさを漂わせた表情に見えます。また、威厳のこもった村神の姿をよく表しています。

 

 

s1_pic05

<ペクチョン(白丁)>

強く険悪な印象の漂うペクチョンは、額に刻まれた皺や両目をかすめたような傷跡、頬のゆがんだ皺、また角ばった顎からその性格を理解することができます。特にゆがんだ口元とあざ笑うような表情がこの仮面の特徴といえます。

 

 

s1_pic08

<ハルミ(老婆)>

赤黒い顔色で緑色の斑点が所々についています。目は丸く深く掘られており、何かをじっと見つめているかのようです。両頬や目元、口元に深く刻まれた皺から辛苦を舐めつくした老人の強靭さが窺えます。歯は抜け落ちひもじそうに見えもします。生涯を貧しく暮らした名残を仮面の表情から見てとれます。

 

 

s1_pic06

<ジュン(僧)>

細目で口を上下に広く開けています。寺院で仏教の真理を学ぶ修道僧本来の威厳や自愛の雰囲気は全く見えず、戒律を破り流浪する僧の姿です。節操のない笑いに腹黒い人間の姿を絶妙に表しています。

 

 

s1_pic01

<ヤンバン(両班)>

最も韓国的な微笑みをたたえた仮面です。河回仮面の中でも代表格のこの仮面は美の極致と謳われています。「両班は食わねど高楊枝」という言葉の通りに穏やかで余裕のある表情を浮かべており、慈愛に満ちた表情を見せています。一見すると古典的な表情ですが、面を上げると明るく快活な表情を見せ、伏せると悲しみをたたえます。

 

 

s1_pic03

<ソンビ(学者)>

目をひんむいた形相は通俗的な社会に適応できず常に不満を抱くことを表しています。見開いた眼の両尻が吊り上がり眉間に皺を寄せた顔立ちは傲慢さを表しています。赤黒い顔色や充血したような目、また鼻や分離された顎から不満に満ちた様子を見て取ることができます。

 

 

s1_pic07

<イメ>

細く垂れ下がった目、額や頬の皺は非対称で笑い続けるふれ者の姿を連想させます。イメの笑いは悩みなく明るく純朴です。虚ドリョンが完成を目前に倒れたため顎が未完成のまま受け継がれているこの仮面は、身体的な不足、精神的な不足の意味を帯びています。

 

 

s1_pic09

<チョレンイ>

突き出した額、丸く小さな目、団子鼻、口唇裂(口唇の一部に亀裂が生じる)、人の顔立ちにおける全ての欠点を備えたような面持ちです。チョレンイはプネと放蕩する破戒僧を非難し、ヤンバンとソンビを冷やかす役割を担い、ストーリーを面白おかしく展開しています。

 

<ジュジ(住持)(獅子)>

ジュジは神聖な想像上の動物であり、目の描かれた木版の下につがいになった口を持ち、頭部に 獅子のたてがみに見立てたキジの羽を刺しています。百獣の王である獅子の姿を簡略化し表したジュジは、その場の不浄を払い福を迎えんとする意味を持っています。

 

参考:女性の仮面について… 河回仮面において男性の仮面の大部分はあごの部分が別途に作られいますが、女性の仮面には別途に作られているものはありません。これは半島文化において男性は口を開くとも女性は口数の少ないのが美徳であるという風習を反映しています。女性の仮面にはプネ、カクシ、ハルミの三種類がありますが、この中で既婚女性はハルミのみです。ハルミは年老いた女性として口を開きっぱなしにしていますが、カクシのぎゅっとつむった口元は見ざる聞かざる言わざるの風習を表しており、未婚でありながら口を開いているプネは職業上の理由によるものだそうです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中